HOME >> 考えていること >> こうなりがちです
考えていること
こうなりがちです 現実は、こんなようになってしまいがちです。

基幹系システムに継ぎ足しが繰り返されてしまい…。

ユーザ部門から機能の変更要求や法制度の改定に対応するため、基幹系システムに対して機能の追加・変更の継ぎ足しが繰り返さ、システム全体の構造が複雑になり、ブラックボックス化が進みます。
その結果、過去からの担当者以外は改修できないという属人化を招きます。 さらに担当者が定年に近づいていると、将来の改修が不安になります。

ほんの少しの変更をしようと思っただけなのに…。

機能の追加・変更を早く安全に行なおうとして、本体に手を加えず継ぎ足しを繰り返すと最重要なデータが、あちこちに複製や派生データとして散在し、どれが大元のデータなのかが分かりにくくなります。そのため、システムの変更時のデータの調査や確認の作業が多大な工数になります。また、大元のデータに項目追加など、少しでも変更を加えようとすると、その影響範囲はとても大きく、想像をはるかに超える多額の費用と長い時間がかかってしまいます。「ほんの少しの変更をしようと思っただけなのに、こんなに費用や時間がかかるとは本当に信じられない」ということになっていませんか?このような状況をシステムが肥大化してしまっているといいます。

システムを再構築しようとすると・・・

現行システムもブラックボックス化しており、業務ニーズも膨大で多様な新システムの機能の要件定義を完全にでききせん。そのため再構築するにはリスクが高くてとても踏み切れなくなります。再構築を回避するために、少し機能を追加・変更した類似のサブシステムを作ったり肥大化・老朽化したシステムを改修して使い続けることで、さらにシステムの複雑性を増大させたりブラックボックス化を進行させたりして、より再構築リスクが高めてしまう悪循環に陥りがちです。

業務とシステムのあるべき姿を描こうとすると・・・

システム改革の検討を何度も行い膨大なドキュメントを作成しても、決定できず進められないケースが多くあります。それは、「あるべき姿」を描く原理を知らずに、システムの改革をすすめたことが原因である場合があります。外部ベンダに「あるべき姿を示せ」と依頼しても、自社の業態にすぐに適合させることかできる事例を探しても、業務の言葉が通じるという理由で業務経験者を参画させても、個々の改善項目は挙げることができるかもしれませんが、抜本的な改革につながるとは限りません。

基幹系システムへの機能追加を繰り返した結果のシステム構造
※同じ色のデータは複製、類似色は派生データを表します。
トップへ
isken
株式会社情報システム総研
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-15
G-FRONT AOYAMA 5F
[地図]